甘い美味しいみかんの見分け方 小さいミカンは甘い?みかん農家直伝のみかんの選び方

皆様もスーパーなどで売られているみかんを買う際にどれを選んだら良いか迷うことはありませんか?見た目で見分けられたら良いですよね?本ページではみかん農家の視点で甘いみかんを見分ける方法をご紹介させていただきます。みかんの糖度の目安は11~13度ほど。12度以上は甘くて美味しいみかんと言えるでしょう。

ゆら早生みかん 甘くてコクのある極早生みかん

ゆら早生みかんは見た目は緑がかった状態で収穫されますが、中身は熟していてジューシーな果汁がたっぷり。じょうのうも薄く食べやすいのもの特徴。極早生みかん特有のさわやかな酸味もありながら、他の極早生みかんに比べて甘みとコクがしっかりとあり、味のバランスが取れたみかんとなっています。

おいしい桃の見分け方(保存方法&むき方)桃農家が教える桃の選び方と美味しく食べる方法

桃農家がこっそり教えるおいしい桃(甘い桃)の見分け方。美味しく食べる方法から保存方法、きれいな剥き方、変色防止まで余すところなくお教えいたします。桃は当たり外れがあったり、剥き方が難しかったりしますので、是非ご参考にしてみてください。

小玉スイカ ひとりじめ 和歌山特産の甘くて美味しいスイカ

小玉スイカ(ひとりじめ)は和歌山県の特産品です。ひとりじめの特徴は小玉スイカながら大玉スイカに近いシャリ感があってとってもジューシー。皮のギリギリまで果肉が詰まっていて、糖度は約13度ほどでコクのある甘さがあります。甘いスイカが好きな方におすすめの品種です。

果実酒瓶で漬ける梅干しの作り方

果実酒瓶作る梅干しの作り方(漬け方)。果実酒瓶なら場所もとらず簡単に梅干しを漬けることができます。和歌山県みなべ町で梅を栽培している農家が教えるご自宅梅干作りを写真付きで詳しくご紹介します。はじめての方も参考にしてみてください。

梅ジュース・梅シロップの作り方 梅の郷、紀州みなべの梅農家が教える「失敗しない梅ジュースレシピ」

紀州和歌山の梅農家が教える紀州南高梅の青梅を使ったおいしい梅シロップ(梅ジュース)の作り方(レシピ)。梅シロップはご自宅で簡単に作ることができます。梅が持つクエン酸などの効果で夏バテや疲労回復にぴったり。水やソーダで割ると爽やかな梅の香りを楽しむことができ、お子様にもおすすめです。

トップへ戻る