イチゴ農家が教える 美味しいイチゴ 甘いイチゴの見分け方 選ぶ方法のコツ

美味しいイチゴの見分け方・選び方

イチゴの美味しい季節とは?

いちご 旬の時期

美味しいイチゴを見分ける前に大切なことがあります。それはイチゴの旬の時期です。ズバリ!イチゴの旬は冬です(12~2月頃)。イチゴの時期って意外にわからないものなんです。現在はハウス栽培が主になっていて12~4月頃が収穫時期なのですがその中でも寒い時期に収穫されるイチゴが美味しいといわれています。美味しさの理由は適度な寒暖差と完熟になるまでじっくりと日数をかけて育てられるためです。気温が高くなると生育が早くなり見た目は赤くてキレイでもあまり甘くない(味が薄い)という場合があるので注意が必要です。

見分け方のポイントは3つ

  • 色で見分ける
  • 大きさと形で見分ける
  • 鮮度(新鮮さ)を見分ける
完熟イチゴ(まりひめ)のご購入はこちら



色で見分ける方法

ヘタのところまでしっかりと赤いものを選ぶ

ヘタの近くまで赤いイチゴを選ぶ

まず簡単な見分け方として色で見分ける方法があります。ポイントはヘタの近くまで赤くなっているイチゴを選ぶこと。ヘタの近くまで赤くなっているイチゴは完熟している証です。特に赤色が濃く光沢、艶のあるものがおすすめ。逆に白い部分が残っている場合は未熟の状態です。

つぶつぶが赤いものを選ぶ

つぶつぶが赤いものを選ぶ

次に大切なのは「つぶつぶ」の部分。よく種と間違えられやすいのですが、厳密には種ではなく果実になります。つぶつぶの部分は一般的には黄色っぽい色をしているのですが、つぶつぶが赤くなると完熟の証拠です。スーパー等では確認しにくいですが、近くでよく観察してみてください。(※イチゴは傷みやすいのでくれぐれも果実には触れないように注意してください)

大きさと形で見分ける方法

大きくて先端が平らなものを選ぶ

大きくて先端が平らなものを選ぶ

イチゴは大きいものの方が甘くて美味しいのです。大きいイチゴは一番最初に実ったもの(一番果)が多く、栄養や糖分が詰まっていて美味しいといわれています。一番果の時期は12~1月頃で、春になるにつれてサイズが多少小さくなる傾向があります。またイチゴは先端の部分の方が甘くなっていますので、先端が平らになっているものがより甘くなるというわけです。

鮮度(新鮮さ)を見分ける

イチゴは収穫したばかりの新鮮なものが一番美味しいのです。イチゴは収穫後に熟すことはなく、時間をおいて美味しくなることはありません。

鮮度(新鮮さ)を見分ける

イチゴの新鮮さはヘタを見ることで見分けることができます。ヘタが大きく反り返っているものが新鮮な証拠です。逆にヘタが下を向いているものは収穫から日にちが経っていると考えてよいでしょう。ヘタの色もより緑色が濃い方がよいといわれています。

イチゴを美味しく食べるコツ

イチゴを美味しく食べるコツ

美味しいイチゴの見分け方をお分かりいただいた上で、美味しく食べるコツをご紹介いたします。イチゴに限ったことではありませんが、人の味覚は食べ物の温度によって感じる味わいが変わってきます。イチゴは冷蔵保存が基本にはなりますが、食べる少し前に常温においてから食べる方が甘さを感じやすくなります。またイチゴは傷みやすくほとんど日持ちがしない果物です。収穫されてから3日以内に食べることをおすすめします。スーパー等で買う場合は買った翌日には食べきってしまった方がよいでしょう。

美味しいイチゴはどこで買うべき?

美味しいイチゴはどこで買うべき

本ページで紹介させていただいた内容のおさらいになりますが、美味しいイチゴとは、「12~2月頃に収穫されたもの」「完熟のもの」「新鮮なもの」ということになります。お分かりの方も多いかもしれませんが、イチゴ狩りが一番おすすめです。行く時期をしっかりと定めて、自分自身で新鮮で完熟のイチゴを選ぶことが大切です。自宅で食べたい場合はイチゴ農家が販売しているイチゴを探すことです。スーパー等で販売されているイチゴを否定するわけではありませんが、スーパー等の小売店に流通しているイチゴは完熟の少し前に収穫されたものが多く、店頭に並ぶのは収穫から2~3日後ということが多いのです。




イチゴの栄養

ビタミンC

イチゴ約100g(5個前後)に含まれるビタミンCの含有量は62mg程度。成人が1日に必要とするビタミンC摂取量の目標が100mgですから半分以上を簡単に摂取できてしまうほど、イチゴには豊富に含まれているんですね。その量はレモンをも上回って果物の中ではトップレベルです。ビタミンCには風邪の予防効果や抗酸化作用や高血圧予防も期待できますので、寒い時期の健康管理にピッタリの食材といえるかもしれません。肌トラブルや疲労回復にもおススメです。

イチゴの栄養 ビタミンC

アントシアニン

イチゴの赤い色をしていますよね。これはアントシアニン(ポリフェノールの一種)という色素によるものです。未熟のうちは葉緑素によって緑色をしていますが、太陽の光によってアントシアニンが発生し赤くなっていくのです。アントシアニンには抗酸化作用があり、活性酸素の働きを取り除いてくれる効果が期待できます。アンチエイジングも期待ができそうです。また、アントシアニンは視力回復や眼の疲れにも効果があると言われています。

イチゴの栄養 アントシアニン

その他、食物繊維や葉酸、カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルなど多くの栄養成分が含まれています。また、脂質と併せて摂取すると体内への吸収率がアップするそうです。牛乳や練乳、ヨーグルト(脂質ありのもの)と組み合わせてもよいのではないでしょうか。




完熟イチゴ(まりひめ)のご購入はこちら
スポンサーリンク
トップへ戻る